桜舞うblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
が輸入再開。16日の朝に成田に着いたらしい。米国産牛肉の輸入は2003年12月に輸入が停止されて以来、2年ぶりのことだ。
ちょっと又聞きした程度の知識で申し訳ないが、どうも検査は向こう頼みになるようだ。何のために輸入停止したのか忘れてない?と言いたくなる。
加工されている食品にはどこの肉とか明記されないものもあるので消費者からすればたまったものではない。せめて米国産のは米国産っていうのをきっちり明記すべきだろうと思う。
でふと思ったけれど、一体誰が米国産牛肉を買うのだろうか。
牛丼屋や焼肉店も既に別の産地の肉を使ったりメニューを変えたりと色々工夫を凝らして今のスタイルに変わってきたのだ。それを今更輸入再開して、「じゃあ今日から元に戻すので米国産牛肉買います。」となるのだろうか。むしろ消費者は避けたがるかもしれない。というか俺だったら行かないだろうなぁ。中には気にしない人もいるのだろう。安全なんか二の次で安い方がいいって人も。どっちのが強いのだろう。
どちらの流れに傾くかはまだわからないので皆、様子見になるのかな。
避けたがる流れになったら米国産牛肉はただの踏絵と化しそうな気が。
うちは米国産じゃありませんよーみたいな感じで。
個人的にはこのまま向こうの言いなりで終わるのも癪なので向こうから撤退させてくださいと言いたくなるぐらいに干されるのが面白いなぁとは思うけれど。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。