桜舞うblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
yahooより。ソース(続きにリンク切れ対策で引用してます)。

てな訳で冥王星が太陽系から外されてしまいました。小さい頃から 水金地火木土天海冥 で覚えてきた俺としては微妙な心境。
おいおい、太陽系って会議で決まっちゃうのかよ、と。まあ今までの太陽系だって会議で決められてたものなんでしょうけれど。宇宙も人間が決めた枠なんだなぁと思ったり。
そんな事を考えてたら、ふと「聖書は天国からファクシミリで送られてきたのではない」とかそんな感じのフレーズを思い出した。何かと思ったらダヴィンチ・コードだった。
俺が言った訳じゃないのでキリスト教徒の人は俺に怒らないようにお願いします。
僕が悪いんじゃありません!!

チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は最終日の24日、全体会議で惑星の定義案を議決、冥王星を惑星から外す最終案を賛成多数で採択した。これにより、太陽系の惑星数は現在の9個から8個となる。全体会議に出席した数百人の科学者全員が投票し、歴史的問題の決着を図った。
 可決された定義は、太陽系惑星を(1)自らの重力で球状となる(2)太陽を周回する(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体――と定義した。水星から海王星までの八つが惑星となる。軌道周辺に同規模の天体があり、3番目の条件を満たさない冥王星は惑星から外れた。
 冥王星を惑星として存続させる主張も根強く、水星から海王星までの八つを「古典的惑星」とする一方、自らの重力で球状となるが、軌道周辺で圧倒的ではない天体を惑星の一種の「矮(わい)惑星」と位置づけることで、冥王星を惑星の地位にとどめる対案も提出されたが、否決された。
 この日の採決では、IAUの会員の研究者らがそれぞれ1票の投票権を持ち、黄色い札を上げて意思を表示した。
 観測技術の進歩で冥王星周辺で新天体の発見が相次ぎ、「惑星とは何か」を巡る議論が盛んになったため、IAUは2年前に惑星の定義づくりを始めた。惑星を専門とする天文学者には最終案支持が多かったが、冥王星の社会的認知度を重視する人々など、他分野の専門家にはさまざまな見解があり、複数の案を提示して決着を図った。
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.12.15 10:01  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mugibei.blog13.fc2.com/tb.php/101-2282e072


太陽系太陽系(たいようけい、solar system)とは、銀河系に多数存在する惑星系の一つ。太陽および太陽の周囲を公転する天体と微粒子、さらに太陽活動が環境を決定する主要因となる空間から構成される領域をいう。太陽は、銀河系では典型的な質量の主系列星、すなわちありふ

2007.10.18 09:35 | 天文・宇宙を知る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。