桜舞うblog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
yahooより。ソース(続きにリンク切れ対策で引用してます)。

てな訳で冥王星が太陽系から外されてしまいました。小さい頃から 水金地火木土天海冥 で覚えてきた俺としては微妙な心境。
おいおい、太陽系って会議で決まっちゃうのかよ、と。まあ今までの太陽系だって会議で決められてたものなんでしょうけれど。宇宙も人間が決めた枠なんだなぁと思ったり。
そんな事を考えてたら、ふと「聖書は天国からファクシミリで送られてきたのではない」とかそんな感じのフレーズを思い出した。何かと思ったらダヴィンチ・コードだった。
俺が言った訳じゃないのでキリスト教徒の人は俺に怒らないようにお願いします。
僕が悪いんじゃありません!!

友達の家で鑑賞したのですがなんだかなぁとしかいいようがありませんでした。ってかあの判定おかしいと感じたんですが。
と思ってたら皆同じこと考えてたのね。

http://quizzes.yahoo.co.jp/quizresults.php?poll_id=3218&wv=1
が今日の金曜ロードショーでやってるのに気付いて鑑賞モード。
とは言っても公開当初に見に行ったのであまり真剣に見る気にもなれずボーっと見ていました。そこでふと、そういえば何でハウルの動く"城"なんだろう?他のものが動いたっていいじゃないか!と訳のわからない思考に陥り暇つぶしに他に動くものを考えてみました。

ハウルの動く犯人(ホシ)
某所で奇妙な遺体が発見された。捜査本部はただの自殺と断定したが、殺人と考えたハウルとソフィーは独自に調査を開始。少ない証拠を元に犯人と思われる人物を特定。実はその人物が更なる殺人を計画していることを知る。動くところを押さえるべく張り込みをする二人。しかし犯人も用心深く、中々尻尾を出さない。二人が諦めかけたその時、ついに犯人が動く!

ハウルの動く国
時は戦国時代。天下がまだ統一される前の話。とある国の一領主にすぎなかったハウルはある日ソフィーに一目ぼれし、プロポーズする。プロポーズを受け入れ結婚することになったハウルとソフィーだったが、突然ソフィーはハウルの前から消える。傷心のハウルはソフィーが隣の国の領主と結婚するという事を聞く。実は隣の国の領主がソフィーに自分と結婚するように迫り、結婚を受け入れねばハウルの国を滅ぼすとソフィーは脅されていたのだった。
それを知ったハウルは隣の国に攻め入る事を決意する。しかし、隣の国は当時大陸をまとめつつあった大国に所属していて、隣の国を攻めてしまえば大国に刃を向けることになってしまう。
それでもハウルはソフィーを取り戻すために自ら剣を取り立ち上がるのだった。
しかしこの時、この戦いが大陸全体を巻き込んだ闘争への始まりに過ぎなかったとは誰も知る由がなかったのだった。その時、国が動く!
4年に1度現れるにわかサッカーファンは失せた今日この頃。サッカー好きな人たちからするとようやく本番が始まった、というところでしょうか。こんばんは。
日本が負けたのは残念だけどそれとは別にもっと高いレベルの素晴らしいサッカーを見たいと思うのは当然のことで。というかその部分は日本には期待できないし。
先日のアルゼンチン×メキシコ戦の勝ち越しゴールなんかはその典型。あのボレーをきっちり枠におさめてきたのは上手い!としか言いようが無いです。日本がやろうとしてもさながらスペースシャトルの打ち上げのようになるのは目に見えてる。というか打たない可能性が高いです。
今もイタリア×オーストラリア見てるのですがイタリアが強いのは言わずもがなですがオーストラリアも普通に上手い、というか自分たちの持ち味を生かした面白いサッカーをします。この試合を見ていると日本が負けたのも当然かなぁと言う気が。
日本はかけっこで負けてた。サッカーはまず走れてなんぼ。走れない奴はうまくても使えないというのが基本。何か今の日本代表はそういうサッカーの基本を忘れてしまっている気がします。
だからこそ時期監督候補としてオシムが挙がってるのはいい判断かと。オシム監督はかけっこや基本を重視する監督。川渕のへぼいミスでジェフやオシム本人に迷惑かかっちゃって正直印象悪いだろうけどやってくれないかなぁと期待してしまいますねー。
て訳で日本対クロアチア戦。
今日の試合…川口が神。中田、加持が素晴らしい。以上!乙!!正直そんな感じ。
今日の試合を見てて思ったけど中村俊輔は抜いた方がいいと思う。速攻で攻めるべきポイントやワンタッチプレイが必要な場面で一々ボールをキープする。一回持たないと気が済まないのか。そのせいで攻撃の流れぶち壊し。カウンターなどの速攻の流れが俊輔で全てストップ。全部ゆっくりになってクロアチアの選手が戻ってきてDFが整ってあっさり返される。かと言って攻守に参加できる程走れる訳でもない。その上加持のオーバーラップも無駄にするし。FK、CKに期待できるかと言ったらそういう訳でもない。精度の低い砲台。劣化版ベッカム。トルシエが俊輔入れなかったのは英断だったんじゃね?と今なら思える。
中田はとても良かった。ミドルレンジからの強力なシュート。ああいうプレイをもっとしてクロアチアのDFを引きずり出してその背後にボールを抜けさせるというプレイが理想的。
DFラインは前から思ってたけど紙過ぎ。そしてミスし過ぎ。中学生レベルのパスミス。あれで点を入れられてたら目も当てられない事態になるところだった。その後もあっさり裏取られすぎてクロスがぽんぽん入ってきて怖かった。
今日負けにならなかったのはひとえに川口の神セーブのおかげ。あれがなかったら完全に負け。
FW陣もあれだけの決定的チャンスで外すのは酷い。あれ入れられなかったら勝てる訳無い。
これで敗退ほぼ確定かなー。ブラジル戦で勝てない訳じゃないとは言うけれどブラジルに勝てるぐらいならオーストラリアにもクロアチアにも普通に勝ててるわけで。確かに試合する以上可能性は0じゃないけど、可能性として存在するってだけで実質不可能だろうて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。